456466940_103.jpg
ありがとうAice5

2007年06月13日

堀江由衣フリーに転向!?

静観を保っていたのですが、どうも本当らしいので、触れます。

第1印象としては、よかったなと。ほっちゃんの実力と人気があれば、別にマネージメントをお願いしなくても、仕事は自分で取れるでしょうから、アーツの騒動うんぬんとは、関係なくいい判断だなっと思いました。

もっとも、フリー転向の理由・きっかけは、アーツの騒動が最大の要因だとはおもいますが.....

ただまぁ、発覚から2週間ちょっとでの動きなので、フリーになること自体は、前々から決まっていたのではないかと推察してみたり。

にしても、黒猫同盟があっさり回答したのには驚いたww




恋する天気図(初回限定盤)(DVD付)
堀江由衣
キングレコード (2007/08/17)
売り上げランキング: 271
posted by air-cross at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Aice5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

アーツビジョン松田前社長逮捕の不可解性

アーツビジョンの松田咲寛前代表取締役社長が逮捕、書類送検された事件に関して、不可解なことがいくつか。


・逮捕から発覚まで2ヶ月弱かかっていること。
・2ヶ月弱公になっていなかったにもかかわらず、アーツビジョンの対応が、ことごとく後手に回っていること。
・メディアの扱いが意外に小さい。
・松田社長が被害者の少女の罠にかかったと訴える芸能記者いること。



逮捕から発覚まで2ヶ月弱かかったのは、何故だろうか?一番分かりやすい答えは、アーツビジョン側が隠蔽しようとしたということだろう。しかし、ここで気になるのは、隠蔽工作をしていたのだとしたら、何故発覚後の対応が、ことごとく後手に回ったのかということである。完全に隠蔽し通すつもりで、発覚した場合のことを想定していなかったとでもいうのだろうか?20年足らずで、業界最大手にまでのし上がった、会社が、そのようなずさんなリスクマネージメントをするとは考えにくい。よって、その可能性は低いように思う。
では、何故、対応が後手に回ったのだろうか?
可能性の一つとしては、松田前社長が、会社に知られることなく隠し続けていた場合がある。
しかいながら、そのようなことが可能なのだろうか?
はっきいって、不可能である。
なぜなら、少女の訴えだけで、警察が即逮捕ということにはならないからである。事件の内容が、オーディション絡みである以上、警察によるアーツビジョン関係者への事情徴収は、絶対に行われているはずである。よって、逮捕前からアーツビジョンは会社として、社長に疑惑がかかっていることを知っており、逮捕の事実を知らないはずがないのである。
以上のように考えると、アーツビジョンの対応が、ことごとく後手にまわった理由がわからないのである。


次に、メディアの扱いが意外に小さいのは何故だろうか?
ここ数年で、オタク文化に対する注目度は凄まじい勢いであがっている。そんな中で、業界最大手のプロダクション社長が逮捕されたとなれば、もう少し、大きく報じられても良いはずである。ZARDのボーカルの逝去と松岡大臣の自殺にかき消されただけでは、納得できない扱いの小ささである。特に、一番食いつきそうなスポーツ紙の反応が悪いのも気になる。大衆紙も朝日はネットで報じているが、毎日と読売は、反応なしである。しかしながら、一方で、テレビ朝日はニュースで事務所の映像付きで報じている。しかも、他社に比べて12時間以上早くもである。即ち、テレビ朝日が、この事件をすっぱ抜いた可能性があるということである。しかしながら、そうだとすると不思議なのが、他メディアの反応の悪さである。テレビ朝日が、事務所まで映像を撮りに行ってまで、報じたものを他社は扱いすらしないのである。ネット上では、3日以上たった今でも大騒ぎだというのに。よって、テレビ朝日がすっぱ抜いた可能性は低い。

ここで浮かび上がってくるのが、ある芸能記者が書いている記事である。

http://holiday22.keyblog.jp/blog/10052766.html
http://holiday22.keyblog.jp/blog/10052783.html
http://holiday22.keyblog.jp/blog/10052921.html


この人、業界ではそれなりに有名な人らしいが、圧倒的に松田不利の空気が流れいてる中で、松田前社長を擁護する立場の記事を書き、そして、被害者の少女が、実は相当にヤバイ女であることを暴露しているのである。普通、この手の記者なら、松田前社長を徹底的に叩くような記事を書くはずである。嘘だろうが本当だろうが、その方が、受けるからである。しかしながら、この人は、松田社長擁護の立場の記事を書いているのである(今のところ)。では、何故そのようなことをするのだろうか?
考えられる理由は、2つである。

・アーツビジョンが依頼して、記事を書かせている。
・被害者の少女が、実は加害者的立場にあり、真相としては松田前社長が罠にかかったとい確信がある。

上記のどちらかしか可能性はないと思うが、前者の場合、ことごとく対応が後手に回っているアーツビジョンにできる芸当ではない。もっといえば、アーツビジョン側からの依頼による工作だとしたら、もっと分かりやすい書きようがあるはずである。よって、アーツビジョンが、工作依頼した可能性は低い。
次に、被害者の少女が実は加害者という確信がある場合であるが、この場合が、先に述べた、報道各社の対応の違いに繋がるのではないだろうか?

つまり、松田前社長が少女の罠にかかり、逮捕された。しかし、逮捕されたもののメディアの反応は全くない。そこで、少女側がメディアに、逮捕の事実をリークした。しかし、大半のメディアには相手にされなかった。ただ一つ、相手にしてくれたのが、テレビ朝日だった。そして、テレビ朝日は、書類送検に合わせて報道。それを見た、時事通信社が、警察に確認取材。その情報を元に他社は、12時間遅れで報道。

この可能性どうだろうか?

少なくとも、テレビ朝日の最初の報道から、他社の報道までの間に、12時間差があったこととから、警察発表はなかったと考えられる(警察発表があったのなら、各社の報道内容は均質化するはずである)。
即ち、一番最初の情報源は、リークである可能性が高いということである。

まぁ、どこまで理屈が通っているのか自分でもよくわからないですが、この事件に妙な違和感を感じているのは本当です。個人的に、タレントのプロデュースやマネージメントに興味があり、数多くの有名声優を輩出してきた松田氏を尊敬しているので、何かの間違いであって欲しいという思いは強くあります。
どうこうできる立場にはないので、今のところは、起訴されるかどうかに注目したいともいます。




最後に、


各地で、枕営業がどうのこうのといわれていますが、今でている情報では、完全なる妄想です。感覚的に真っ黒だと思ったしても、証拠がない以上白です。真相が究明されるまでは、今までどおり、堀江由衣を、そして、Aice5を応援していきたいと思います。
posted by air-cross at 00:09| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月30日

Aice5 ツアーライブDVD発売決定!!!

http://sv2.animate-shop.jp/ws/commodity_param/ctc/dvd/shc/0/cmc/4066156/



Last Aice51ヶ月前の発売なので、予習するには十分時間があります。絶対買いですよ。

Aice5 1stTour 2007 “Love Aice5” Tour Final!!予約受付中
posted by air-cross at 13:12| Comment(0) | TrackBack(1) | Aice5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月28日

アーツヴィジョン社長逮捕

http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/soci_news7.html?now=20070528211243_300k


代表取締役という立場を利用した、卑劣な行為であり、憤りを禁じえないわけですが、業界最大手の不祥事ということで、今後の業界への影響が気になります。
                                 
考えられる影響としては、


アーツヴィジョンとアイムのタレントの大量離脱による、業界再編。これは、十分可能性があるように思います。社長の逮捕理由が、脱税ならまだしも、未成年者に対する強制わいせつ罪で、余罪ありときたら、会社の信用は地に落ちたでしょうから、留まる理由もないでしょう。しかしながら、行き先があるのかというとそれも問題。移籍先のタレントとの軋轢は、事務所としても起こしたくないでしょうから、受け入れたくない事務所も結構あるはず。事務所の方針も違うだろうし、マネージャごと移籍したとしても、お互いに気を使うところは大きくなるので、無用の軋轢を生む可能性は大。一方、小さいところは、引き受けて、事務所の名前を売りたいところだとは思いますが、今度は、受け入れきれるだけのキャパシティーがあるかどうか。
ということで、個人事務所を立ち上げて離脱するか、何人かで新たに事務所を立ち上げて離脱する人たちが、多くなると思います。ただ、事務所の力で仕事を貰っていた人たちは、失業する可能性大です。


次に、


業界そのものに対する不信感の増大も十分ありえます。今後、一時的に声優志望の子供の数が減るのは避けられないでしょう。また、現在活躍している声優に対する、不信感というものもあるでしょう。その結果、アニメ産業そのものが、盛り下がる可能性も十分にあると思います。それはそれで、最近の異様な数のアニメが減らざる終えなくなり、作画向上に繋がる可能性もあるのですが。



にしても、90年代後半の大量離脱は、この件と関係あるのかな?
posted by air-cross at 23:21| Comment(0) | TrackBack(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。